FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

プロフィール

管理人 おおつ

Author:管理人 おおつ
北海道旭川市在住。
宇宙エネルギーによるヒーラーです。

宇宙エネルギーによるヒーリング

本当に元気になるエネルギーがある。
あなたも体験して元気アップしてゴー!

メールは asbkmail@asoboukai.net
です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カテゴリ:脳トレのエントリー一覧

  • 一つの言葉でも、イメージは、色々違いがあるね♪

    「クマ・熊」で、どんなクマをイメージするか。この問いを何人かに聞いてみたら。予想の返事もあったけど、子熊とか、ぬいぐるみなどの返事もあった。なるほど~。相手が何をイメージするか。想像を超えた場合も多々。それを抜きにして、決めつけだけが先行してる場面もある。「言わなくてもわかるでしょ」とか「毎日何を見てたの」などの、確認なしの情報の伝達では。自分と相手がイメージすることが一致してるかどうか。言っても...

  • 「クマ・熊」と聞いて、イメージするのは、どんな熊かな?

    「クマ・熊」と聞いて、イメージするのは、どんな熊かな?本州だと、ツキノワグマかな。あ、手が上がった。北海道だと、ヒグマ。あ、手が上がった。どちらも、ここからは見えないけど(笑)、そんな気分で。どちらも日本に棲むクマだけど、サイズがとても違う。金太郎がクマにまたがってたとしたら、ツキノワグマだね。ヒグマでは、ほぼ無理。(性質以前に、サイズが大きいので)北海道に住んでると、クマ=ヒグマであり、近づいては...

  • 地球では、常に新しい生命体が登場してるのは、なぜ?

    先週、アニメ・ナウシカの映画を見てて、あれっと思ったこと♪お正月に見ていた古生物図鑑に出てくる、あの生物、この生物。同じではないけど、イメージが近い。地球に最初に現れた生命体は、今の私達の肉眼では見えないサイズ。それが、およそカンブリア紀に見えるサイズの生命体が現れる。そして地球環境の変化によって、生命体の巨大化の時期が来る。そう、石炭紀という時期。この時には、全長70センチのトンボが登場。石炭紀の...

  • 宇宙エネルギーを流しながら、2秒で決めるというルールでアソブのも、面白い♪

    昨日は、何人かのメンバーさんと、2秒で決めるルールであそぶという話をした。そして、2つの分類で決定するという事も。今は年末・年始等で、来客がある時期なので、来客が来てもOKの部屋に見えるラインまで、物を片づけよう、とトライする。そう、今回の目的は完全に片づけることじゃなく、とりあえず見栄え(^^)大袋でもいいし、新聞やシートを敷いて、先に入れ場所を確保。まずはキッチン。絶対に要るもの、迷うものと、この...

  • 変化のエネルギー。変化の能力。それらは、今も働いてるのかもしれない

    コーデックスという塊根(かいこん)植物類がある。根の部分が、イモ上状にふくらんでいるものが多いかな。多肉植物で、マダガスカや 南アフリカ他に分布してて、種類も形も多々あって、とても面白い。乾燥地帯に自生していることが多いため、過酷な環境に順応するために、幹や葉に厚みを持たせて、水分を保持しているので、このような形状になっているらしい。あの、バオバブも、コーデックスの仲間だそう。まああ~♪ネットで写真...

  • 記憶するために要ること。今はそれを知っている♪

    先日、知り合いに聞いた話。「キッチンの洗い物を家族に頼んだけど、洗い方が違うの。毎日、何を見てるのかしら」「見てればわかる」が前提にあると思うけど、「ただ見てるだけ~」。うふふ(^^)スポンジに洗剤を3滴つけて、お皿の裏も洗って、水かお湯ですすぐ。さあ、お母さんとやってみよう。と、実習すると、一回で済む。やったことのない事は、見たってわからないし、そもそも見てないし。そしてね。脳は見ただけのことは、短...

  • 今の地球の最大のイキモノは、実はね(^^)

    地球で最大の生物は何か?シロナガスクジラではないのだそう。では何か。それは「キノコ」だと友人が。なのでちょっと調べてみた。キノコとして知ってるカサやイシズキ部分は、動物でいうと、花や果実にあたる。キノコの実態は地中にある菌糸の集団。山一つ覆いつくす大きさのものもある。わかってるだけでも。見えないだけで、いる、ある(^^)私達の目に見えるところにいないだけで、実は巨大なイキモノとして存在してる。地球がで...

  • その時々で、考えと行動のスイッチを切り替える、入れ替える(^^)

    段ボール一杯のタオル。さあ、あなたならどうする?これを色んな人と話して、色んな考え方にふれることができて、それもとても参考になった。タオルを貰った友人は、毎日使っては処分、使っては処分して、自分のところで使い切った。洗うこともなし、雑巾にもせずに、手拭きで使って、そのままバイバイ。日頃したことのない初めての経験で、面白かった、楽しんだそう。タオル一枚とはいえ、洗って、干して、たたんで、しまってが、...

  • 誰がリレーをつなぐのか、の考察(^^)

    誰がリレーをつなぐのか。個体には、時間制限がある。なので、子孫という形で生命のリレーがある。種(しゅ)としてリレーが続く。ところで。地球でも宇宙でも、環境の変化というのがある。地球の場合、この限られた大きさの中で変化が起きた場合。熱くなったり凍ったりなどの変化が過去にあった事は、今の科学で、地層、岩石や化石等でわかっている。その環境が変わった時に、主たる大きなイキモノは、次世代のイキモノ、種(しゅ...

  • シンプルって、大事。シンプルに考えるのも脳トレさっ(^^)

    シンプルにして考える。これも練習、トライで、できるようになる(^^)ものごとを複雑にしたほうが、なんか高等なことのようなカンジがするかもだけど(笑)、実はシンプルにするほうがウルトラです♪赤ちゃん時代、お母さんが、おっぱいくれなかったらどうしようなんて、心配する赤ちゃんはいないよね。それが、いつの間にか、ああなったらこうなったらと、心配するような子供になってくのは、大人になってくのは。考えかたも、お母さ...

  • 脳の使うところを絞るっていうのも、時には必要だね(^^)

    浴衣を作務衣の上着に作り替えの別バージョン。今度は、ポリエステルの単衣(ひとえ)の着物でトライ。今年は、単衣の着物を着る気温の日が少なかった。ならば。いっそのこと。作務衣に作り替えちゃおう。それならカーディガン代わりに、いつだって着られるしね。いかに、頭を柔らかくして、発想できるかってことかも。特に、正解のない事をする時は。いやまて。どれも正解かも。そしてどれも不正解かも。なんたって、宇宙は、まだ...

  • 本に封入して、読書の秋を楽しもう♪

    扉を取った棚の奥に、学校時代、新社会人時代に使ってた辞書が。開いてみると、まあ、なんということでしょう。豆粒に似た文字が、これでもかと。なるほど、オトナの今は、ルーペが要り用になるわけだ(笑)。このサイズで、普通に読めて、勉強したのね、昔は(^^)そっとページを閉じて、これらの辞書には、ありがとうねとつぶやき、バイバイを決心する。この先の使用頻度を考えると、使わない可能性が大。何かを調べたい時は、ネット...

  • 使う。その後、休む間に脳は育ってる。後戻りのない脳にとね(^^)

    毎日必ずすることは、ある。日常生活において必須のことはね。その他に。「勉強は毎日コツコツやるもの」と、色んな人が言ってたような。はるか遠い昔の話なので、もう覚えちゃないけど(笑)でね。勉強の他に色んな対象にも、「毎日コツコツ」が。そうした方が良い事と、そうじゃなくても良い事があるのにね。コツコツをはぶくと「毎日」が残る。毎日かあ…で、ストップする脳も(笑)そう、毎日するのが得意な分野も、時々するのが得...

  • ささっと手をつける脳を、育てる夏にする時間は、まだある♪

    北海道では、今週から新学期が、始まったけど、本州では、夏休みの宿題の追い込みが、始まった頃かな(^^)どうして休みなのに、こんなにしなきゃならないんだろう。というのが、子供達の主張だよね(^^)どうして、もっと早くにしておかなかったの。お母さん、あんなに何回も言ったのに。ちょっとストップ!お母さんは、子供に何を言ってたのか、プレイバック。・早く夏休みの宿題をやらないと、あとで後悔するわよ・夏休みが終わる頃...

  • 新しい情報を受け取れる脳を作る(^^)

    片付けが必要なのは、モノがどこにあるか不明で、すぐには使えない事があるから。そして、「安全無事で生活できる」の範囲を超える事があるから。モノが、どこにあるか判り、それが使える状態にあるなら、とりあえずは、マルの範囲。片付けは次のステップで。安全無事で生活できる範囲ならね(^^)昨日は、ちょっとした時間に、身の回りのモノで、「好きの範囲からこぼれたモノ」を処分。バイバイ。いままでの、「まだ使えるし、モッ...

  • 盆踊りも、色んな曲で踊れるよっ♪

    盆踊り。北海道では、「北海盆踊り」が、ポピュラー。ドリフターズの全員集合のテーマ曲は、この盆踊りの曲よ~♪盆踊りの手拍子は、タタン・タ・タン♪この拍子は、心地良い拍子なのか、昔はライブでも、ついつい(笑)今どきの各地での盆踊りは、東京音頭や河内音頭の他に、ボンジョヴィやtrfといった、ポピュラー音楽のところもあると、ニュースで見た(^^) いいなあ♪頭の中で、色んな曲を流して、家の中でそっと踊ってみる(^^)...

  • 新しいことをするのは、新しい脳かもしれないなあ(^^)

    イトトンボを見た。バッタも見た。あちこちの庭では、ヒマワリも。夏だね。ほんの少し丈が長くて、なかなか出番がなかった夏ブラウス。元気がある日に、着やすい長さに切っちゃった。あまった布で、大きく開いた胸の部分に、つぎあてる。ふふっ♪ほんのちょっとだけど、なかなか手をつけられない。だけど、ある日、突然できちゃう。その脳を作ってたんだと、あとで気が付いた。自覚はないけど、脳のどこかが、ずっと動いてたって感...

  • 昔、アイドルは1人で歌ってたよね。

    平成生まれの人たちは、アイドルが複数いるのが基準だとか。なので昭和のアイドルが、1人で歌ってるのを見ると不思議だそう。そうなんだ~。昭和の頃にも、アイドルが2人とか3人とかのグループはあった。ピ〇クレディーとかキャ〇ディーズとかね。それがいつの間にか、1人ではなく、グループが普通の時代に。それも多すぎて、見分けがつかない位の人数に。ふふっ。今は、そういう時代、流れなんだろうな。たくさんの人数がいる...

  • 1000年後には、今の建物で、ナニガ残ってるんだろう?

    日本の古い建物。木製で、100年物や1000年物もある。丸太や梁などは、100年たってその強度が増してくるという話も。昆虫や小動物等の影響も考慮されて建造された建物。100年、200年を経て、さらに風格を増している。もちろん屋根の吹き替えや、修復などの手入れはしてるけど。1000年クラスが持ちこたえる。風雨や災害に耐えて。何故か。それはね。水回りの設備がない。これだなっと思ったの。乾燥を保てるなら、木の強さは長く発揮...

  • 通じる発音は、文字とは別ものだった♪の巻

    ○ How is it going?  元気かい?  実は「ハゼゴン」で、ネイティブに通じるそうです。○ Just a little.  ちょっとだけ  「ジャスタリウ」○ Say it again.  もう1回言ってください  「セイーラゲン」BY 怖いくらい通じるカタカナ英語の法則  著者:池谷 祐二以前にも取り上げたけど、私達が教わってきた?英語の発音が、実際に流通してる音とは違いがある。なので聞き取りができなくて、会話で相手にかえせな...

  • 話し言葉と書き言葉は、もしかして脳の領域が、違うのかも♪

    冬のオリンピックで聞きなじんだ「そだね~」が、今もTVから、時々。話し言葉は、言いやすいし、聴きやすいし、覚えやすい(^.^)「そだね~」しかも家族、仲間・友人には、シンプルな話し言葉で話す。目上の人や社会的な相手の時には、話し言葉でも丁寧版で話す。それを私達は普段、普通に使い分けて話してる。そして、話し言葉と、書き言葉も、使い分けている。語学を習う場合、例えば英語の場合、どうも丁寧版を習ってる?そし...

  • 記憶のテーブルにね、もしかしたらね♪

    シンクロ(同期する・同時に起こる)するという現象がある。昨日、伊勢うどんの話を書いたら、なんと♪伊勢うどんがパンの中に入ってる商品を、夜にTVで見た(^.^)偶然だけど、楽しかったな~♪記憶のテーブルがあるとする。仮に、それを白い皿とする。そこに何も載ってないと、なんの情報もキャッチしない。ところで、その皿に「A」という情報を載せると。皿が、「A」に関連する情報を、キャッチするために作動♪そういうイメージ...

  • 「新しいことをする脳の部位」には、「考える」ことも含まれるよね♪

    慣れたことは考えなくても身体が動くけれど、新しいことは、こんなちょっとしたことなのに、なぜ?と、自分でも驚くほど、慎重になったり、おっかなびっくりで。簡単なことなんだけど、全力で対応したりも。2回目からは、前回の経験もあるから、たぶんこうなって…と、1回目よりもスムースに。3回目からは、らくちん、らくちん(^.^)なんで、こんな簡単なことに、あれだけ全力が要ったのかな。新しいことをする。初めてのことをす...

  • 住まいの本を見てても、脳トレになった♪

    100件のお宅が載っている本を見た。おしゃれな住まいが沢山♪だけど眺めてるうちに「あれ、なんか足りない?」と、モヤモヤ。ページをめくってくうちに、足りないものが何か、わかった。それはね。カレンダー。絵画やタペストリやインテリアグッズは飾ってあるけど、カレンダーが写ってるお宅は、一件だけで、しかもそれはとてもおしゃれなカレンダー。祝日の色がついてないデザイン。写ってないところには、もしかして、あったのか...

  • 時には、これってふしぎ~と、感じる・考える力も使おう、養おう♪

    今日から4月(^.^)。はやっ♪本州は気温が高めで、舞い散った桜の花びらが、川面をうずめだしてるとか。桜は根が深く伸びる性質があるそうで、護岸対策で川の両脇に植えられたよう。また花が咲くと大勢の人が花を見に来て堤防を踏みしめるので、強度の強化になるとも。根が深く伸びるのは、アジサイもそう。なので鎌倉の坂には、地盤強化のためにアジサイが多い。昔の人々の知恵も、相当すごいよね(^.^)庭の雪は、かなり少なくなっ...

  • 世界遺産の地域に住む人にとって、そこは普通の場所

    昨日か今日で、年度末という方も多いかな。忙しさのピークの第一段階をクリア。そして元気でゴー♪だね(^.^)TVニュース等で桜見物した後は。家の周りの雪を割る、溶かす♪日本は広い。四季の幅も、ハンパナイし。小笠原ではお正月に海開き、沖縄でも3月の海開きが続々と。北の大雪山の黒岳、旭岳のスキー場は、5月初めまでオンシーズン♪旭川セミナーでも話題が出たけど、もしかしたら、私達の住むところは、これ全体で世界遺産に...

  • 地球にも宇宙タビビトがあふれてると想像するのも脳トレ♪

    2000年前のコロッセウムが、今もライブ会場として使用されてる。古代ローマで時代の野外競技場で、オペラが上演されたりするそう。当時の技術の高さはもとより、文化の高さにも驚くけど。その時代に、もしも「宇宙からのタビビト」が来てたなら。古代ローマ人と違う格好や形態だと、すぐに怪しまれるから、装置を使い、チキュウビトの目には全くキヤッチできないようにする。自分の形態を変更するのに使うエネルギーよりも、そ...

  • どんなタイニーハウスを創るか、考えてアソブ♪

    タイニーハウス。キットも沢山あり、自分でも作れるし、完成品もある。地域の色んな基準をクリアしたとして。自分なら、どんなタイニーハウスを作るか。考えてあそんでる。今、思いついてるのは。豆腐に三角屋根タイプの形で。水回りを集約したハウスと、ベッドルームハウスの2棟を並べて置くタイプ。どちらも、8畳くらいのサイズ。これで1~3人の生活がOK。家族が増えて4人になれば、もう一棟増やす。独立したら、その一棟...

  • 答えを出す方法は色々ある。どれもマルだよね(^.^)

    小学生の時のエピソード。隣の席にA君という勉強ができる子と並んだ。当時は小学生の習い事に「そろばん」というのは、割とポピュラーだった。算数の時間に、計算問題が出てきた時に、計算は「そろばん」を習ってる子の方が早かった。そろばんチームの方が早かったのは、「アタマの中のそろばん」で、計算してたから。(3桁+2桁の計算の話デス)A君は筆算で、縦にちゃんと数字を書いて、普通に足していた。時間はちょっとゆっ...

  • 教わったことをもとに、それは「どういうことか」を考える(^.^)

    今日は、昨日の台風の、風の影響が少し残ってるとかで、めまぐるしく天気が変わる。雨が降ったり止んだり、そして晴れたりとかね。日本を旅した風は、昨夜さらに北へと抜けていった。色々とかきまぜて、色々となにかを運んで。毎年、これが起きてるんだなあ。「小学校6年間の算数が、マンガでざっと学べる」 by 小杉拓也、ほしのゆみこの本で、さくらんぼ計算なるものを知った♪足すと10になる数字の組み合せを利用する、と...