FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

管理人 おおつ

Author:管理人 おおつ
北海道旭川市在住。
宇宙エネルギーによるヒーラーです。

宇宙エネルギーによるヒーリング

本当に元気になるエネルギーがある。
あなたも体験して元気アップしてゴー!

メールは asbkmail@asoboukai.net
です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

1000年後には、今の建物で、ナニガ残ってるんだろう?

日本の古い建物。木製で、100年物や1000年物もある。

丸太や梁などは、100年たってその強度が増してくるという話も。
昆虫や小動物等の影響も考慮されて建造された建物。
100年、200年を経て、さらに風格を増している。

もちろん屋根の吹き替えや、修復などの手入れはしてるけど。
1000年クラスが持ちこたえる。風雨や災害に耐えて。何故か。

それはね。水回りの設備がない。これだなっと思ったの。
乾燥を保てるなら、木の強さは長く発揮できる。

古民家再生の番組では、必ず水回りの所は痛みがある。
風呂場や流し。どうしても、水がしみ込んで、劣化が起きる。
湿ったところを好む生き物は大から小までいるしね。

世界中の都市群。高層建築が立ち並ぶ。
昔ながらの石によるものも、長く歴史を誇ってる。

最新の技術の新しいビル群は、どれくらい保つのかな。
建物じたいは、100年200年、メンテは可能かも。

だけど、人がビルを利用する時に、水回りの設備が要る。
その水回り設備は、補修だけでなく、交換も必要になる。

平地で低い所で暮らすのとは全く別の技術や開発が
高層のビル群には、たぶん要るんだろうなあ。

1000年後には、今の建物で、ナニガ残ってるんだろう?
と、考えるのも、脳トレ(^.^)


☆吾蘇慕宇会セミナーは、6/10日(日)・7/8日(日)「札幌かでる2.7」、
           7/22日(日)「旭川クリスタルホール」です。※6月旭川は休み


・セミナー案内 
・宇宙エネルギーで元気!掲示板☆

180616hana1e.jpg 180616hana2.jpg 出先で。ガーデンコンテナ(^.^)

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント