FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

管理人 おおつ

Author:管理人 おおつ
北海道旭川市在住。
宇宙エネルギーによるヒーラーです。

宇宙エネルギーによるヒーリング

本当に元気になるエネルギーがある。
あなたも体験して元気アップしてゴー!

メールは asbkmail@asoboukai.net
です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

誰がリレーをつなぐのか、の考察(^^)

誰がリレーをつなぐのか。

個体には、時間制限がある。なので、子孫という形で
生命のリレーがある。種(しゅ)としてリレーが続く。

ところで。地球でも宇宙でも、環境の変化というのがある。

地球の場合、この限られた大きさの中で変化が起きた場合。
熱くなったり凍ったりなどの変化が過去にあった事は、
今の科学で、地層、岩石や化石等でわかっている。

その環境が変わった時に、主たる大きなイキモノは、
次世代のイキモノ、種(しゅ)に、首座をとられた。

海がメインだった時は、三葉虫やアノマロカリス、
アンモナイト達が。陸地ができてからは、恐竜たちが。
そして、植物の変化により、地球環境が変わり、
恐竜から、哺乳類へ、そして今の時代へ。

ところで。最初から、ほとんどそのままで生き抜いてる一群が。

私達からすると、目に見えない小さいチーム。
菌、ウイルス、微生物。さらにはたぶん、変形菌も。
もしかしたら、今もキャッチしてない程の小さい君も、かな。

彼らは、ほとんど小さな変化くらいで、ずっと生き抜いている。
今までにメインたる大きなイキモノと、共存したり、離れたりして。
そして、たぶん、宇宙を旅することも可能だったりして。

隕石にのって今も、地球に新たな一群が来たとしても。
数によっては、そうとわかるまでに、億年単位が必要な場合も。
などと考えてみると。

誰がリレーをつなぐのか。地球の最初から存在してて、
この先も存在してく「小さなチーム」かもしれない。

小さなチームで、私達にとって味方の役割をしてる一群に、
宇宙エネルギーで応援。それができるのって、すごいよね(^^)


宇宙エネルギーたっぷりで、今日も色々トライでゴー♪勝つぞ!

☆吾蘇慕宇会セミナーは、11/4日(日)・12/9日(日)「札幌かでる2.7」、
          11/25日(日)・12/16(日)「旭川クリスタルホール」です。

・セミナー案内 
・宇宙エネルギーで元気!掲示板☆


10/22日にコメントしてくれた、todさんに、キラキラビーム!

181023tuno1.gif 181023tuno2.gif エッヘン♪つの自慢、ひげ自慢(^^)
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1469: by tod on 2018/10/24 at 09:59:05

いろいろなヤギさん、可愛いですね♪