FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

管理人 おおつ

Author:管理人 おおつ
北海道旭川市在住。
宇宙エネルギーによるヒーラーです。

宇宙エネルギーによるヒーリング

本当に元気になるエネルギーがある。
あなたも体験して元気アップしてゴー!

メールは asbkmail@asoboukai.net
です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

せっかく地球に来たのだから、自分のやることやってゴー

「ヴィオラ母さん」 by ヤマザキマリ

古代ローマとその時代のお風呂、そして現代日本を
タイムトラベルする「テルマエ・ロマエ」の作者さんの、
お母さんのエピソード話。

この本のほぼ終わり頃に、こういうエピソードが載っている。
マリさんがオトナで半世紀も過ぎた誕生日のこと。
マリさんは、自分の誕生日について、こう思っていた。

>誕生日は毎年やってくるものだし、周りの方から、
>「おめでとう」と言われ、あれこれと思うことはあれど、
>同じ時代を過ごしてきたね、関われて良かったねと、
>そういう気分でいたら。

母のリョウコさんから、マリさんに電話がかかってきた。
>「誕生日おめでとう電話」かなと思って出ると、母は、こう言った。

>「今日は、私があなたを生んだ日です」

マリさんは、その一言を聞いてしばらく黙りこんだ後、
>「あ、そうですね。本当にご苦労様でした」と、返事した。

母のリョウコさんは、
>「誕生日って子供にとっては確かにめでたいことだけど、
>それ以前に、生むのにあんなに頑張った自分もおめでとうだな、
>と思ったわけよ」

子供の誕生日は、生まれてくる子供もがんばっている。
生む方の、女の人も、がんばっている。

>お互い大変な思いをした日ということで、
>こんなふうにねぎらい合うのも、間違いではないと思う。
と、このエピソードが、マリさんによって語られている。

なんでヴィオラ母さんなのかというと、できたばかりの
札幌交響楽団で、お母さんがヴィオラ奏者をしておられたから。
北海道でのエピソードもたくさんあって、からっとした風が吹いてる。
という感じで、この一冊を読みました。

誕生日は、自分が地球に来た日だけど、
ここに生んでくれた女の人の活躍があって可能になった日。
でもあるのですね(^^)すごいなあ。すてきだなあ。感謝です♪

せっかく地球に来たのだから、自分のやることやってゴー♪
宇宙エネルギーたっぷりで(^^)

☆吾蘇慕宇会セミナーは、3/10(日)・4/7日(日)「札幌かでる2.7」、
       3/24日(日)・4/21日(日)「旭川クリスタルホール」です。

・セミナー案内 
・宇宙エネルギーで元気!掲示板☆

3/5日にコメントしてくれた、yuさんに、キラキラビーム!

190306neko3.gif 190306neko4.gif まったりねこさん♪ゆるゆる~(=^・^=)
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント